生まれつき黒い乳首

生まれつき黒い乳首

乳首の色が気になる人の中には、生まれつき黒い人と、加齢、妊娠などのきっかけで途中から黒くなった人がいると思います。

 

そのことからも分かるように、乳首が黒くなる理由はいろいろあって、人それぞれのきっかけで色が変わってしまうのです。

 

乳首が黒くなる理由

ホルモンバランスの変化

妊娠・出産・加齢が原因でホルモンバランスが変わった時に乳首が黒くなります。
妊娠すると、女性ホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)が多く分泌されメラニン色素の細胞が刺激されます。
妊娠出産から授乳期にかけて色が黒くなるのには、生まれて間もない視力の弱い赤ちゃんが乳首の場所を見つけやすくするためという説もあります。

 

外部刺激

授乳期に赤ちゃんがおっぱいを飲む、乳首を噛む刺激で黒くなるという場合があります。
これは、外部刺激から肌を守るべく、メラニン色素が乳首に集まるからです。
人によってはブラの擦れる刺激程度で色が濃くなる場合もあります。

 

理由は色々あるけど最終的にはメラニン色素

理由は色々ありますが、ホルモンバランス、刺激、という変化を受けて色が変わるのは、最終的にメラニン色素が生成されるからです。
脳がメラニンを生成するように命令を出しているのです。

 

もちろん、生まれつき乳首が黒い人がなぜ黒いか?というと直接的な原因は同じくメラニン色素です。だから、メラニン色素を抑制するタイプのクリームや薬などであれば、生まれつき黒い乳首の色を薄くすることは可能です。

 

でも・・・調べてみるとこんな情報を発見しました。

 

生まれつき黒い乳首にハイドロキノンが効かない!?

「以前、某美容外科でハイドロキノンを塗る治療法を試しましたが、その際に、妊娠して黒くなった。元々は黒くなかったが歳をとるにつれ黒くなった。という場合にしか効果がでないと言われました。
それでも私は試しましたが、実際に効果はありませんでした。」
引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10152423830

 

美容外科で黒い乳首の色をを薄くする治療で使われるハイドロキノンですが、生まれつき黒い場合には効果がないとも取れる言葉を医師から告げられた、というのです。

 

そしてこの方、実際に医師の言う通り効果がなかった、というんですね。

 

下のコメントを見ていくと、こんなコメントがありました。

 

「肌の黒さはメラニンの活性度によるものなので、もともと黒い乳首であってもハイドロキノンでメラニンの活性が抑えられれば、全く変わらないということは無いと思いますけど? ただし、ハイドロキノンを使う時にはトレチノインとの併用を1ヶ月(最長2ヶ月)行ない、2ヶ月目くらいからはハイドロキノンだけといった使い方が必要ですよ。」

 

やはり解釈としてはメラニンの活性度を抑えるのに生まれつきも、他の理由で黒くなったのも変わりはないはずです。

 

それに
「効果はありませんでした」
というだけでは状況がよくわかりませんよね。
どれぐらい継続したけどダメだったのか、トレチノインを併用したのか?など効果がなかったのには相応の理由があるように思います。

 

そうはいっても、美容外科で安くない治療費を払って効果がなかったら、かなりショックですよね。

 

この方のようにあまり効かなかったという例もありますから、生まれつき乳首が黒い人が最初から高い治療を選ぶのはちょっと考えた方がいいかもしれませんね。

 

まずはリスクの低い対策を

自宅で対策できるクリームの中には返金保証制度のあるものも少なくありません。
まずはこうしたクリームを試してみて、どうしてもダメだったら返金保証を使ってお金を返してもらえばいいのです。

 

こうしたリスクの低い対策から始めてみてもいいかもしれませんね。

 

 

返金保証のあるクリームが人気

だから返金保証のあるクリームが人気です。

 

特にお勧めなのが「ホスピピュア」です。
その理由はホスピピュアというのは湘南美容外科がメーカーと共同開発により誕生したクリームなのです。

 

トレチノイン・ルシノール療法、トレチノイン・ハイドロキノン療法を行い乳首の黒ずみを治療をしている美容外科と共同開発として名前を出している事でかなり期待出来ます。

 

⇒⇒ホスピピュアの詳細はコチラ